オゾンガス・オゾン水・オゾン氷・紫外線による殺菌消臭機器の製造販売の業界最大手メーカー タムラテコのサイトです。
Japanese site | English site

BT-07の特徴~東京消防庁採用(除染対策)モデル

  1. オゾン水濃度計付(UV式) 特許
    オゾン水装置に標準でUV式オゾン濃度計(±1%FS)が付いています。
    CT値によるマニュアル化、作業もしくは効果を可視化できます。
  2. 水冷式(通常は空冷式) 特許
    よってオゾン水を24h吐出し続けてもオゾン濃度が一定です。
  3. 簡単メンテナンス 業界初
    インターネット動画により、誰でも簡単に消耗品の交換ができます。
    また、交換部品もわずか3点で、1年に1回と2年に1回。
    分解剤 8,000円/年
    乾燥剤 6,000円/年
    濃度計UVランプ 25,000円/2年
  4. 圧倒的なオゾン水濃度 業界最大濃度
    BT-07のままであれば、最大オゾン水濃度2.5mg/L、また、付属品のBT-07PSAを接続すれば、7.0mg/Lの高濃度オゾン水を吐出できます。
    除染の際の温水でも、安心してご活用頂けます。
    ※通常オゾン水は熱に弱く、30℃では活用できません。温水27℃~30℃でも、30L/分のオゾン水をBT-07PSAを併用した場合も安定して1mg/L ~2mg/Lのオゾン水を作り出すことが可能です。
  5. キャリー式でどこでも活用できます
    付属のキャリーセットにて現場でもご使用頂けます。
    また、同時に付属の放水車接続キット(BT-01D)を併用して頂ければ、放水車の水からも、オゾン水を作り出すことが可能です。
    放水車接続は、業界最大手の消防車両製造メーカー様にてテスト及び検査済みですので、ご安心してご使用頂けます。

東京消防庁採用(除染対策)モデルであるBT-07 は防衛省の各基地でも採用されています。

防衛省採用モデル

東京消防庁納入目的と使用用途

今回の東京消防庁の今年度納品製品はBTー07 BTー07PSA 放水車接続器具 本体移動用専用台車です。
使用目的は、パンデミックや口蹄疫や鳥インフルエンザ等の細菌、ウイルスの生物災害や硫化水素等の化学災害など特殊災害時のBC除染時に現場や器材の洗浄に使います。
また今回はランコ等を使ったテントを活用した除染の際にも水の代替として使います。

使用方法

放水車等からオゾン水を作り薬剤の代わりに使用。
また人体除染等状況により30度までボイラー等にて加温して活用する。

ご存知の通りオゾン水は低温な程濃度が高くなり逆に高温になればその濃度は下がる。よって使用はその限度30度に設定される。
しかし、30度でも約1mg/Lのオゾン水濃度を確保するために専用のオゾン水濃度を倍増させる事が可能となる酸素発生装置も
今回は同時に使用する。
因みに、今回の酸素発生装置も原料は電気のみの為、備蓄の心配はない。

オゾン水活用の理由

  1. ただ薄めるから酸化し分解するため水より確実な効果が期待出来る
  2. オゾン水機は水と空気から出来るために備蓄を必要としない。よってロスもない。
  3. また使用回数によりコスト等の変動もない。つまり一回も一万回も同じであるのが良い
  4. B災害の際に活用後下水として排水出来る。後処理が圧倒的に楽である
  5. .オゾンガスと同様に濃度と時間つまりCT値による数値に基づく管理が出来る。
  6. 因みにオゾン水のCT値は米国CDCによるものを基準としています。
  7. オゾン水の一般細菌のCT値は0.6~1.0です。炭疽菌にて6~10です。
  8. .機械が有れば現地まで持ち込み何処でも使用出来る。

納入の様子

2012年3月8日、東京消防庁様へBT-07、BT-07PSA、BT-01D、専用キャリーが納入されました。