動画を見る

会社概要

社是  奉・尊・信・挑

奉仕と貢献 :物を売るのではなく 想いを売るように

 

尊重と慈愛 :売り手の心とならず 買い手の心となる様に

 

信頼と品質 :会社の繫盛よりも 会社の信用を落とさぬように

 

挑戦と発展 :前例や常識にとらわれず 不確実なことを恐れない様に

タムラテコ理念

オゾンを活用したテクノロジーとエコロジーの精神のもと、
『オゾンのテクノロジーをもっと多くの人にもっと便利にスタンダードに 』
をスローガンに、品質第一主義を徹底し、何事にも諦めず創意工夫の努力・精進を行い、
産業人としての使命を果たし、社会に貢献し、利潤の維持増大を図り、会社発展と
従業員一同の生活の向上を目的とする。

タムラテコが選ばれる「10」の理由
1オゾン装置専門のメーカー

創業より約20年間、ひたすらオゾンとオゾンと併用する紫外線の製品のみを企画・開発・製造販売・メンテナンスを実施してきました。
日本では数少ないオゾン関連製品専門のメーカーです。

2充実した製品ラインナップ

導入実績2万件以上の納入実績

オゾンの特性である、発生量と適応空間に合わせた超小型~大型製品まで約36機種の豊富なラインナップを揃えています。

オゾン水

オゾン水は、特殊な技術でオゾンエアーを水に溶かし込んだもので、
それ自体に殺菌力のある水のことをいいます。

オゾンエアー

オゾンは悪臭分子を酸化分解することで消臭します。
また、物質を酸化させる力が強く完全滅菌しますので、耐性菌が発生する恐れがありません。

3医療機器販売
弊社は2018年に承認されたオゾンガス消毒器、2021年に認証されたオゾン水製品(すべて管理医療機器)販売のリーディングカンパニーです。
4医療機器の品質マネジメントシステムに関する国際規格 ISO13485の認証取得

株式会社タムラテコは、「医療機器の品質マネジメントシステムに関する国際規格」であるISO13485の認証企業として、オゾンガス消毒器、医療用殺菌水(オゾン水)の両医療機器販売の認証を取得しています。

5圧倒的な産学連携数と特許保有数

オゾン機器製造と運用全般・効果測定・性能証明の裏付けとしての技術革新・研究分析を両輪に難題打開のプロジェクトを完備し、多方面への積極的なそして綿密な連携を礎として、共同研究・共同開発を実践しています。 その数は国内外の研究機関・大学合わせ21施設と産学連携を実施。オゾン関連製品メーカーでは最大数の産学連携を実施しています。
特許数29(申請中6 大学共同特許数11)と圧倒的な数を誇ります。

6エビデンスに基づく正確なアプローチ

医学的・物理的な知見に基づいて正しく安全に使用していただく事を目的として
オゾンによる効果は必ずエビデンス(証拠)を取得しています。特に新型コロナウィルスの不活化に関して、世界で初めてオゾンによる不活化を奈良県立医科大学様との共同研究によって発表(2020年5月15日)藤田医科大学様との共同開発では、人に安全な低濃度オゾンガスによる不活化実験結果の論文を発表(世界初)

※新型コロナウィルスのオゾン不活化の論文アクセプトは世界初
そして、ガスだけではなくオゾン水による新型コロナウイルス不活化実験結果の発表も行われております。

確かな安全性 ~長くお使いいただく為のパートナー販売代理店制度~
7オゾンと当社製品を熟知した認定代理店による販売
オゾンは腐食性の伴う強い酸化力を有する気体です。家電店やインターネットにて簡単に購入出来るものではありません。
弊社では、オゾンの特性と使用目的に合った製品を選定でき、必ずメンテナンスも行える信頼できる代理店を通じてのみ販売しています。
8制御 パーツ耐久性
オゾンは腐食性を伴う強い酸化力のガス
オゾン発生装置だけで無くその制御が大切です。タムラテコはオゾンを制御する各種濃度計センサーも自社開発しています。
また、約20年に及ぶ製品開発のノウハウを蓄積し、気体各所にオゾンによる経年劣化対策を施した安全性と耐久性に優れた品質基準を持たせています。
9効果の圧倒的なわかりやすさ ~オゾン効果の可視化は当社独自技術です~
無色の気体であるオゾンを利用した不活化 殺菌は目に見えません。
タムラテコはオゾンの効果を可視化した唯一のメーカーです。 繰り返しの再現性を確かなものにし、
今迄曖昧だった消毒のゴールを明確にしました。
オゾンガス及びオゾン水CT計測値はタムラテコの世界を含む特許技術です。
10圧倒的な官公庁納入実績
全国の国公立病院 / 消防 / 警察 / 自衛隊 / 自治体危機管理センターのオゾン関連製品のシェアは80%以上です。
特に消防 / 警察 / 自衛隊 / 海上保安庁に於いては、過去6年間(2015年〜2020年)入札占有率は95%以上の
実績を持つメーカーです。

株式会社タムラテコ

代表取締役 田村耕三

株式会社タムラテコの代表取締役社長を務めています 田村です。

皆様にお支え頂、昨年2020年に20期を迎えることが出来ました。
改めて、仲間である従業員の皆様。

弊社製品を信じてご使用いただきますお客様。

弊社の想いを共有し、実際にお客様にお届けいただきます同志である代理店の皆様。

製品を作るために必要な部品を作り届けてくださります 業者の皆様に心から感謝申し上げます。 コロナ環境により文化や生活様式も大きく変わりました。

我々も企業である以上、環境に沿った成長と変革をしてゆくしなやかさがなくてはなりません。 この世界的な困難な状況下では、企業規模にかかわらず、前例に縛られず、皆様方にお役に立つ製品・サービスを提供する気概(挑戦)が必要だと思います。

そのために私達は仲間達とともに

①今後もオゾンとその関連技術の科学的根拠を追求して参ります。

②オゾン装置の医療機器承認及び認証を2025年迄に7製品の上市を目指して参ります。 医学的に根拠のある製品を充実させて 国内販売ポートフォリオの医療機器分野の充実を目指して参ります。

③日本で培った技術を世界に。 2025年には 販売ポートフォリオの海外販売割合25%以上を目指して参ります。

④SDGsに会社をあげて取り組み、企業の社会的存在意義(ステータス)を高めて参ります。

⑤オゾンのテクノロジーにて社員一同ともに社会的課題に立ち向かいその解決に、前例に囚われることなく努力精進して参ります。

しかしながら、どのような環境の変化の中であっても変わらず守り抜く必要なものが企業にはあります。
企業は社会的な存在である限り、また創業時の高い純粋な理想はどれだけ環境が変わろうとも尊重・共有しなければなりません。

そこで、最も大切な創業時の企業理念と製造業の基本である品質第一主義を会社全員での乖離が無いよう、共有出来るように。
新たな精神的な支柱の社是とリーダーやマネージャー各位に求められる心得をつくり、社員一同 理念を守って参る所存でございます。

株式会社タムラテコは皆様にお役に立てる企業として存続し続けて参ります。

皆様方には 変わらずご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年8月
株式会社タムラテコ 代表取締役 田村耕三

近未来の人類に待ち受ける困難にオゾンで立ち向かう

AMR[Antimicrobial Resistance:薬剤耐性] パンデミックにオゾンで立ち向かう

ペニシリンの発見以来、感染症に対抗するために多くの抗菌薬が開発され、人類は感染症を克服したかに見えました。
しかし、私たちは2003年のSARS、2009年のインフルエンザ、2012年にMARSなど定期的に感染症が流行し、2020年となった現在も
新型コロナウイルス(Covid-19)のコロナ禍に置かれています。これら感染症ウイルス・菌の進化で最も恐ろしいのが、
薬剤に耐性をもつ菌・ウイルスが蔓延するAMRであると国連も厚生労働省も考えています。

AMRに対する懸念
  • ▷抗菌薬の普及に伴って病原体は様々に変質し、抗菌薬に対する耐性(AMR:Antimicrobial Resistance)を獲得し、蔓延
    何も対策を取らず、現在のペースで増加した場合、2050年には1,000万人の死亡が想定され、現在のガンによる死亡者数を超えることになるという指摘もある。 (英国薬剤耐性に関するレビュー委員会(オニール委員会)第一次報告(2014年12月))
  • ▷抗菌薬については収益性の低さなどから研究開発が停滞しており、薬剤耐性菌がこれ以上蔓延すると、ペニシリン開発以前の「抗菌薬が存在しない世界」に戻ってしまうとの懸念が国際社会で表明されている。

発表を受けて、直ちに厚生労働省が制定したアクションプラン

  • 1. AMRの知識を国民に広報
  • 2. 抗菌薬の使用や耐性菌の実態調査
  • 3. 衛生状況の改善による感染症罹患を減少させる
  • 4. 抗菌薬の適正使用の徹底

当社は事前由来のオゾンを活用した抗生剤の乱用を防ぎつつ、耐性菌を発生させない優れた除菌特性をもつ
“オゾン”の医療分野への活用を重点的に行ってまいります。

新型コロナウイルス による死者数は2020年7月時点で1,000人弱ですが
実は臨床の現場では、毎年8,000人以上が耐性菌によって死亡しています。
AMRの脅威はすぐそこにまで迫っています。
2021年に本国内での動物用医薬品認可、並行して海外での認可に向けて事業を推進します。
抗菌剤としてのヒト用医薬品・医薬部外品として、オゾンを使用した次世代の抗菌薬は、
必ず必要となるに違いありません。

今後もタムラテコグループは、グループ全体で”テクノロジー&エコロジー”創生への取り組みを行い
社会的課題に対して、【技術と環境の保全を支えるプロダクトの提供】を通じて解決していきます。

人獣共通感染症からの脅威をオゾンで守る

人獣共通感染症とは、動物と人に感染する病原体によって引き起こされる感染症の事を指します。
現在までに、200種類以上が確認され、人の感染症の約6割が人獣共通感染症と考えられています。

病原体

引き起こされる感染症の例

ウイルス

狂犬病 | 日本脳炎 | ウエストナイル熱 | デング熱 | チクングニア熱 | ジカウイルス感染症 |
タニ媒介脳炎 | E型肝炎 | 重症熱性血小板減少症候群(SFTS) | 中東呼吸器症候群(MERS) |
重症急性呼吸器症候群(SARS) | エボラ出血熱 | 鳥インフルエンザ新型コロナウイルス

リケッチア・クラミジア

日本紅斑熱 | つつが虫病 | オウム病

細 菌

Q熱 | ペスト | サルモネラ症 | レプトスピラ症 | 猫ひっかき病 | ブルセラ症 |
カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症 | コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 |
カンピロバクター症 | 炭疽

真 菌

皮膚糸状菌症 | クリプトコッカス症

寄生虫

トキソプラズマ症 | 回虫症 | エキノコックス症 | クリプトスポリジウム症 | アニサキス症

プリオン

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)

各国の科学者が参加する政府間組織(IPBES)がまとめた報告書では、毎年5以上の新たな人獣共通感染症が発生しており、
2020年より猛威を振るう新型コロナウイルスもコウモリより広まったと研究されています。
動物には約170万種の未知のウイルスが存在し、その内約63万種~82万種のウイルスが氷魚に感染する可能性があると
考えられています。 未知のウイルスである以上、パンデミックが発生した場合も有効なワクチンの開発には時間を要し、
人々が恐怖と困難に陥る事を学びました。
当社は、新型コロナウイルスも人獣共通感染症の一つと考える研究に全面的に協力し、
今後もウイルス・菌への感染を防ぐ感染症対策として耐性菌を生まない オゾンによる空間除菌を人類の一つの武器と考え、
安全なオゾン機器を開発していくことを誓っています。

人獣共通感染症の例
  • ▷ エボラ出血熱
  • ▷ 鳥インフルエンザ
  • ▷ 狂犬病
  • ▷ 重症急性呼吸器症候群(SARS)
  • ▷ ペスト
  • 新型コロナウイルス

会社概要

社名 株式会社 タムラテコ
保有資格

ISO 13485:2016 ※医療機器の製造及び品質管理に関する国際規格

医療機器製造業登録

医療機器修理業登録

高度管理医療機器販売業許可

 

全省庁統一資格企業 0000073738
経営革新計画承認企業 大阪府知事 第1048-205号
JETORO新輸出大国コンソーシアム ID02152
環境省 エコアクション21 2015年2月
関西広域機構 関西エコオフィス宣言 登録 2008年12月
東大阪商工会議所所属

タムラテコ

医療機器認証・承認

パイプライン

オゾンを医学的に正しく安全に使用していただく事を第一の目標に

2022年までに当社オゾンガス、オゾン水機器の6機種を医療機器として開発予定。

2025年までに、11種のオゾンを活用した医療機器の上市を予定しています。

 

医療機器承認予定フロー 拡大する

2021年 1月:エルクリンAUTO3 医療用殺菌水装置(オゾン水) (医療機器クラス2 認証 ) 認証済

2021年 9月:BT-88Mターボ  既存医療機器BT-088Mの適用面積の拡大と時間短縮化

2021年 11月:有人環境下オゾン消毒装置  バクテクター2.0

2021年 12月:エルクリンJr.オート2.0 オゾン水手洗い装置 コンパクトタイプ

2022年 6月:内視鏡洗浄消毒装置

2022年 11月:歯科ユニット向けオゾン水装置

事業内容 オゾン(O3)、紫外線(UV)、酸素(O2)の特性を生かし、生産、生活環境を豊かにする商品の開発・設計・生産・販売・保守を一貫体制で行います。

代表取締役

(創業者)


田村 耕三
昭和46年12月1日生 大阪市立大学出身
設立 2003年4月  会社沿革を見る

本社所在地

※ヘッドオフィス

※2020年11月より稼働開始

〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-1-33 長田平成ビル4F
TEL:06-4309-1350(代) FAX:06-4309-1360
E-mail:info@teco.co.jp 
URL:http://www.teco.co.jp

本社工場 〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-1-27
※本社事務機能を上記に分離し、工場としました。資材などの送付先はこちらへ送付願います
試験研究室 〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-1-27 本社工場 2階
ラボ(研究開発室) 〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-1-22 長田東條ビル 1階
深圳現地事務所兼ラボ
Shenzhen Office & Labo
廣東省深圳市龍崗区龍城街道軍田路22号錦中業大厦門A-703室
TEL:0755-82557939
シンガポールオフィス
Singapore Office
33 Ubi Avenue 3, #03- 18 Vertex, Singapore 408868
資本金 20,000,000円 (グループ総資本金43,000,000円)
決算月 年1回 11月
売上高

2020年度:単体40億5000万円/グループ全体61億5000万円

※決算期を9月から11月に移行による2019年10月〜2020年11月末までの14ヶ月合算の数字となります。

 

2021年度売上予測:単体66億円/グループ全体96億円
※2021年7月1日時点での予測値になります。


顧問税理士 税理士法人 山田&パートナーズ
監査法人 EY新日本有限責任監査法人
従業員数 グループ全従業員数76名
役員構成

代表取締役
田村 耕三

取締役

取締役(リーダー)心得
社是.理念を尊び 高い志と寛容の精神を持ち、 組織人として正しいことを常に考え、会社の進むべき創造と変革に富んだ目標を指し示し、会社(チーム)を導くこと。
常に課題を見つける努力を惜しまず、 その解決の際にはリスクを恐れず挑戦し続けること。

営業本部長
堀田 修

管理本部長 公認会計士
鈴木 公一

経営戦略本部長
大石 真弘

営業本部 兼
株式会社Deport代表取締役

河合 俊介

執行役員

執行役員(マネージャー)心得
柔軟な対応力とコミニケーション能力を持ち、
決められた目標に対し、組織の発展と安定を念頭に、創意工夫と不撓不屈の精神で実践すること。

経営戦略本部 
企画開発部長

福田 由之

営業本部 コア事業部長
樋上 雅昭

製造調達本部
製造調達管理部長

關 崇

営業本部 
医療機器事業部長

山口 大介

管理本部 経理部長
兼 総務部長

柏木 礼子

営業本部 
オーテックバイオ事業部長

西山 太

CSサポート部長
社会保険労務士

大島 功嗣

経営戦略本部 
品質保証部長

金田 健

監査役

常勤監査役 税理士
繁村 一郎

組織図2021年7月現在"

顧問及び

社外取締役

グローバル法律事務所 弁護士 水口 良一

アワーズ法律事務所 弁護士 李 暎浩

安田・岡本特許事務所 弁理士 国立 久

澤井会計事務所 税理士 澤井 宏郎

森住 曜二 公認会計事務所 公認会計士・税理士 森住 曜二

 

摂南大学 名誉教授 中室 克彦

北海道大学 薬学部 名誉教授 三浦 敏明

同志社女子大学 薬学部 名誉教授 中西 弘和

取引銀行 三井住友銀行 りそな銀行 みずほ銀行 池田泉州銀行 
徳島銀行 百十四銀行 紀陽銀行 奈良信用金庫
特許保有数

29件(申請中含む 2019年12月現在)

会社福利厚生など フレックスタイム制
各種保険 有給制度 賞与年2回、産前・産後休暇、年1回の昇給
健康診断の全額補助、退職金制度、家族 子供手当支給
年2回の全員での親睦会、 福利厚生施設 (兵庫県淡路島に「テコの憩いの家」) 、
鳴尾ゴルフ倶楽部会員権 フィットネスジム補助(健康増進)
許認可 ISO13485  詳しく見る

アクセス

▼新本社(ヘッドオフィス) 〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-1-33 長田平成ビル4F TEL:06-4309-1350(代) FAX:06-4309-1360

※googleマップ上では、(長田平和ビル )と記載されていますが、長田平成ビルが正式名称です(情報の修正中です)

 

▼本社工場(1F)※部品の送付などはこちらへ 〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-1-27 TEL:06-4309-1350(代) FAX:06-4309-1360

各種交通機関のご案内
グループ会社
社名
ドリームメディカル・パートナーズ株式会社
代表者
平松義規
住所
〒 273-0005
千葉県船橋市本町2丁目3-1滝一本町ビル6F
連絡先
TEL:047-402-2513 / FAX:047-402-2704
URL
http://dm-partners.jp
E-mail
info@dm-partners.jp
医療機器 設計・開発・委託生産
PMDA承認
ISO認証
マーケットリサーチ
R&D
ロジスティックサポート
社名
有限会社 オーテック・ラボ (Otec・Lab)
代表者
平松義規
住所
〒 273-0005
千葉県船橋市本町2丁目3-1 滝一本町ビル6F
連絡先
TEL:047-402-2703/ FAX:047-402-2704
URL
http://oteclab.com
E Mail
info@oteclab.com
動物医療分野でのオゾン活用実績
ヘンスラー社(ドイツ)の日本国内技術提供
修理・メンテナンス業務・オゾン化オイルの製造・販売・保有特許数4件
社名
株式会社Deport 
代表者
河合 俊介
本社
〒465-0058
愛知県名古屋市名東区貴船3-1706
連絡先
TEL:052-753-3380/FAX:052-753-3380
URL
http://deport.co.jp/
Emil
info@deport.co.jp
医療施設・歯科医院などの新規開業・改装に関する
内装設計・工事・設備(オゾン関連による衛生設備を強化)

社名
Xen Design Works.inc
(ゼン・デザインワークス株式会社)
代表者
大橋 善正 (一級建築士)
本社
〒541-0041
大阪市中央区北浜2-2-21 北浜MIDタワー804
連絡先
TEL:06-7177-9366/FAX:06-7163-2516
URL
http://xendesign.co.jp※制作中
Emil
info@xendesign.co.jp
タムラテコ広報関連の業務
Webデザイン・Webシステム構築、印刷デザイン(DTP)
展示会設営、動画撮影/編集

オゾン機器の建築内への設計・コンサル・販売・設置工事

建築設計・デザイン・照明・エクステリア・テクスチャ―・
ブランディング・プロモーション
各地営業所及びオフィス

試験研究室/ラボ(研究開発室)
〒577-0012 大阪府東大阪市長田東2-3-22 長田東條ビル
試験研究室:1階/ラボ(研究開発室):3階